‟人と話す”こと | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ

2019年 5月 29日 ‟人と話す”こと

 

 

 

 

 

こんにちは!ラーメン大好き櫻井です!

 

 

 

今日はあいにくの雨!かと思ったら急に晴れ!

 

 

こうなると服の調節が難しいですよね...。みなさんも半袖にするか、長袖にするか迷ったりしませんか?

 

 

(私はちなみにこの時期は、学年最速レベルで半袖を着ていました。どうでもいいですね。)

 

 

 

 

 

さて、今日は私が通っている特別支援教育コースでの出来事をお話ししたいと思います。

 

 

私たち特別支援教育コース全員がとらなければならない授業の中に、大学入門ゼミという授業があります。

 

 

 

今は、『どうしてこのコースを志望したか』『大学では何をしたいか』についてを一人ずつ発表をしているのですが

 

 

これがとんでもなく楽しいです。

 

 

 

特別支援教育コースには、将来障害のある子どもに関わりたいと考えている人たちが多く集まっています。

 

 

 

 

そんな同じ学年の同じコースの人たちが、どんな思いで、どんな人として社会に出ていきたいと思っているのかを聞くのがとても、楽しいです。(2回目)

 

 

 

みんな、高校生までに様々なことを経験して、様々なことを感じて特別支援教育コースにいます。

 

 

 

 

参加したボランティアで障害のある子と関わって特別支援教育に興味を持った人、テレビで手話をしている人をみて憧れを持った人、仲がよかった友達の一人に障害がある子がいて、より深く障害の事を学びたいと思った人...。

 

 

 

 

 

大学を志望する理由に限ることではありませんが、何事にも人の数だけ思いはあって、だからこそ多くの人と接することは間違いなく自分の知性を増やし、感性を豊かにしてくれるなぁ...と感じました。

 

 

 

 

 

なので、ぜひ人と話すことを大事にしてください。

 

 

 

 

 

もちろん、私たち担任助手にきくのもアリです!(私は高校生の時、担任助手の皆さんに将来の夢、なりたいと思った理由を聞きまくっていました。)

 

 

 

 

沢山の話を聞いて、大きく成長していきましょうね!私も皆さんの話を聞きたいので、ぜひ聞かせてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事

合格体験記