小学校、中学校、高校へ | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ

2019年 5月 19日 小学校、中学校、高校へ

                                     

さて、こんにちは。高橋担任助手です。

最近の調子はいかがでしょうかね。

このブログも誰が見てくれているのだろうと

期待と不安でいっぱいです。高橋です。

 

ふと思ったのですが、みなさんは

小学校、中学校、高校へと入学卒業を繰り返し、

人として成長していると思いますが、

その仕組みに感激することも個人的にあります。(笑)

 

つまり、自分が属している環境というのが徐々に

大きくなっていっているということですよね。

 

始めは家族という血のつながったみんなの中に属します。

信頼もでき、安心して日常を過ごせます。

ですが、小学校へとその自分の属する環境が変わります。

自分よりも背がおおきいやつ、足が

ものすごく速いやつとおどろきや感動があります。

つづいて、中学校。

小学校からの仲間もいるため、すぐなじめる環境

ではありますね。少しずつ勉強への意識が上がってくる

時期でしょうか。

そして、高校。

友達もほとんど入れ替わり、少しとおいい所からくる

人もいたりして、なんだか新しい発見もあったりします。

ですが、同じ県からきているということもあり、考え方は

似ていたりします。

 

そして、みなさんが行くであろう大学。

これまでとはわけが違く、一気に世界観が変わります。

北は北海道、南は沖縄と日本全国から集められた人が

属しているのが大学です。

これまでの感覚とは大きく違いますね。はなすことばも違う。

育ってきた気候や環境も違う。いろーーんな人がいます。

そんな中で自分をうまく適応させ、その人たちと

うまく生活しなければいけません。そこには大きな

成長もあると思います。自分の輝いた部分を

発見できたり、周りに影響されて自分の夢も

見つかるかもしれません。

 

話がまとまりませんが、

伝えたいことは、大学生活において

自分の新しい部分を発見してほしいということですかね。

大きく変わる。それが大学です。

 

合格体験記