推薦入試という選択肢 | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ

2018年 9月 4日 推薦入試という選択肢

お久しぶりです!

1年担任助手加藤です!!

みなさんはこの夏休み、充実したものにできたでしょうか??

私は9月末まで夏休み(大学の夏休みは長いんです!)なので

いろんなことに挑戦していきたいと思っています!(笑)

 

話は変わりますが・・・

夏休みが明けると推薦入試に向けた準備が始まります。

推薦入試受ける人、いると思います。

「え、東進って一般受験メインでしょ?」

「推薦の対応なんてしてくれないでしょ?」

そんなことありませんよ!

私自身、今通ってる茨大の公募推薦受けました。

(推薦では合格できませんでしたが・・・泣)

土浦校に通っていた先輩たちも推薦で合格した人がいます!

東進では推薦入試のサポートもしっかりしていきます!!

そんな推薦入試ですが、合格するには相当の準備が必要です。

特に国立難関私大公募推薦・AO入試厳しい戦いになります

果たして、どんな準備をすれば合格できるのでしょうか・・・

そこで公募推薦で茨大に受かった私の友人に話を聞きました。

志望校に対する熱意

なぜこの大学に行きたいのか、この大学で何をして将来どうなりたいのか・・・

面接や志望理由書がある大学はこの部分が大切になってきます。

自分の志望校・夢に対する熱い思いをいかに伝えられるかがカギとなります。

試験への十分な練習

推薦で試験に課せられるものとして、小論文・面接が挙げられます。

これらは普通の勉強とは違うので、数をこなして経験を積んでいくことがとても大事です。

学校の先生や東進の先生でもいいです、周りの人にどんどん声かけて

練習に付き合ってもらいましょう!!

一般試験の勉強も怠らない

推薦受けるからと言って、一般の勉強の手を抜いてはいけません!

私も推薦の時期だとしても一般に向けて勉強していました。

だからこそ推薦で不合格となっても、一般で合格できたのではないかと思っています。

両立は難しいですが、手を抜いてはいけませんよ!

 

推薦を受ける人は、ぜひ参考にしてみてください!

そして1・2年生の皆さん。他人ごとではありませんよ!

どうせ一般受験だしとか思って、定期テストの手を抜いてませんか?

推薦入試も第一志望に受かるチャンスなんです。

定期テストや提出物をしっかりやるだけでチャンスが増えるってこと

忘れないで今後の学校生活を送ってください。

 

最新記事一覧

過去の記事

合格体験記