ブログ | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ 

2018年 8月 19日 過去問の正しい使い方。(私立・二次試験編)

こんにちは!田谷です!!

結構前にセンター試験の過去問の正しい使い方を

説明したので、今回は二次・私大編で行きます!!

さて、時期的にまだ皆さんはセンター試験に向けての勉強をしていると思います。

では!!!ここで問題です!! デデンっ!!!

 

Q 二次・私大の過去問演習はいつごろからやるのが良いでしょう??

 

1.9月ごろから

 

2.12月ごろから

 

3.センター試験後から

 

4.センター試験で第一志望校の目標得点を取れてから

 

5.早ければ早い方が良い

 

さぁ正解は…デンデケデケデケデケデケデケデケ……………………………………デンッ!!!

1番の9月ごろからです!!!

まあ9月からやるのが全員にとって良いというわけではないですが、

一般的な受験生を対象に考えると9月ごろです!!

何故9月ごろからかというと、

夏休みではセンター試験の過去問や

基礎を固めるための勉強を全力でする時期ですし、

8月末にはある程度の点数や基礎知識は固まります。

大事なのはそのあと!!

「センターレベルが完全に固まってから二次やります」

「基礎固まってないのに難しい問題やっても意味ないし、、、」

こう考えている生徒が多いですが、

それでは遅すぎます!!!!!

センター過去問だって、知識が完璧でないけど自分の弱点を

見つけて復習しながら進めるもんです!!

二次・私大も同じく、過去問で弱点見つかる→弱点を集中的に復習

この活用は絶対です!!!

というかセンター試験より難しいんだから、

センター試験よりも多くの過去問をやらなければいけないっすよ!!

かつ、私立は併願して何校もあるので量はやばいです!!!

なので。9月から始めていかないと手遅れになっていきますよ~

だからと言って過去問のみやればいいわけでもない!

基礎レベルの復習や数Ⅲの勉強と並行しつつやりましょ~~

個人ごとにやるべきことやペースは違うので、

担任の先生や塾の先生に相談して、自分の勉強計画を

しっかりと立てていきましょう!!!

2018年 8月 18日 模試で点数が伸びる!?

 

こんにちは!栗崎です。

甲子園ついにベスト4が決まりましたね!!

 

みなさん、知っっっていましたか??

実は模試を受けているときは点数が伸びているんです!

 

 

 

え!!!!なんで!!!!

 

と思っているでしょう。

 

なぜかというと、

模試までは、覚える作用といった、

インプット学習がメインとなっています。

 

模試では、その頭に入れてきたものを出していることになります。

いわば、タンスから情報を引き出している感じですね。

その時の脳から情報をたくさん取り出している状態が点数が伸びるのです!!!!

 

なので、みなさんも毎回の模試やテストは大事にしましょう!!

 

2018年 8月 17日 「第一志望に合格する人の特徴」

こんにちは!最近、更新率の高い坂寄です。

夏休みの宿題が終わらなくて、もう本当に助けて!!!!でもYouTubeを観る手が止まらないんだ!!誰か助けて。。

みたいになってませんか?(笑)(特に低学年)

私は部活ばかりしていたので、夏休み最終日に死にそうになりながら課題をやるタイプでした・・・。

 

さて今日は、このブログの題名を見て気になった人もいるんじゃないでしょうか?

「第一志望に合格する人の特徴」 をお送りいたします。

 

ここで皆さんに問題です。

Q大学受験で第一志望に合格できる人の割合は何%だと思いますか?

50%?・・・多すぎ・・・?

30%・・・・?お、減ってきた・・・。

まさか15%・・・・・?

答えはずばり10%だと言われています。

この数字からどれだけ厳しいものなのかが想像できますね。

 

その10%に入るためにはどうしたらいいのか?そこを話していきたいと思います!

 

第一志望に合格する人の特徴

 

①自分で計画が立てられる

かる人は「自分は何が足りないのか?」「それを補充するには何が必要なのか?」「何をどれぐらい行うべきなのか」を自分で分かっています。

そのために、

この模試では難点が必要だ

そのために今月何を行うか?

今週は何を行うか?

今日は何を行うべきか?

を明確にしてしています。

 

②無駄な時間がない

受かる人には本当に無駄な時間が1ミリもありません。気分転換に友達と話すとか集中できないから休憩とか。休憩した方が切り替えられるし友達と話したり

したらリラックスできるから勉強がはかどるとか、そういう問題ではないので。

大切な友人との時間ですら惜しいから教室で机に向かう!と思えるぐらいに本気で勉強に取り組んでいるかが試されるのです。

 

③誰が見ても受かる努力をしている

分が一番努力している!と思っている程度では、実は足りません。努力とは主観的に見て判断するのではなく、客観的にも判断されるべき!

誰もがこの子は受かる!と思われているということは、少なくとも受験生よりは頑張れているということです。

主観的にも客観的にも受かると思われる生徒が受かる確率は高いです!

 

以上が受かる生徒の特長です!!

え?こんな当たり前な話、読んで損した?時間を返せ?

そんなことを言わないで!「当たり前のことを当たり前に、より丁寧に行うこと」これが大切なんです。

上記のことが完璧にできるようになり、勉強に励んだ君はきっと未来で第一志望校に笑顔で通っていると思いますよ。

 

心から応援しています。

2018年 8月 16日 大学選びについて

 

こんにちは!栗崎です!

昨日はイニエスタの2戦連続ゴールに興奮しました!!笑

 

夏休みに入ってオープンキャンパスなどで大学見学をしましたか?

自分の行きたい大学に行くこと、見ておくことも大事です!!

 

では、みなさんは志望大学を何で決めていますか??

 

「有名なところだから」

「近くの国立だから」

「建物がきれいだから」

など、いろんな理由があると思います。

今、高校1年生、2年生の人は大学に対して憧れから入ると思います!。

あの大学に行ってみたい、あそこいいなぁなどから入ると思います。

 

自分が大学を選ぶときに大事だと思うのは

魅力を見つけることです!!

 

「自分の学びたい分野がある」

「この先生の研究をしたい」

「この学部楽しそう」

「〇〇部が強いから」

なんでもいいです!何か1つでも魅力を見つけましょう!!

魅力を感じない場所に行っても長続きしません!

 

それが今後、自分の頑張る原動力にもなるはずです。

 

憧れから目標にするように、大学を考えましょう!!

 

2018年 8月 15日 夏の頑張りはいつ出る?

 

こんにちは!担任助手2年の坂寄です。

デザインの学部に私はいるのですが全くアイデアが出ず、教授に突っつかれている毎日です・・・。誰か、技術とアイデアをください・・(切実)

これも勉強と一緒で日々の積み重ねですよね。

 

さて、今土浦校では生徒が早い人は7時から来て毎日頑張っています!

高校三年生はセンター過去問を中心に、低学年は課題と部活、受講の3つを両立しながら頑張っています。

では、この夏の頑張りっていつ出るの?と思う生徒が多くいると思います。

(今このブログを読んで、勉強を頑張ってる君もそう思ってるかもね)

私の今までの生徒の様子からみると2パターンありました。

 

①8月の模試ですぐに結果が出る人

②8月の模試で停滞or下がってしまうが、10月の模試で一気に上がる人

です。

また、どこかの模試で今まで通り頑張っているまたは、今まで以上に頑張っているのに下がってしまったり、点数が変わらないことはよくあることです。そこで焦ってしまうのではなく

「何が足りないのか」

「今までの勉強方法に見直すべき点があるのではないのか」

「このタイミングでもう一度さらっと基礎を行うべきか」などを分析していくことが大切です。

 

残り短い夏休み。有意義なものにしていこう!