ブログ | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ 

2019年 2月 24日 明日は前期試験!

こんにちは!

一年担任助手、加藤です😇

いよいよ明日は

国公立大学前期試験

国公立志望の皆さんはいよいよ本番ですね!

この日までに努力を積み重ねてきたことと思います。

最後まであきらめず、全力を尽くしてきてください!

 

そして、本日校舎では

第一回センター試験本番レベル模試

を行っています!

新3年生の皆さんは受験生として受ける最初のセンター模試

4月模試で合格者平均に追いつけるよう

2月模試で自分の実力をはかりましょう!

 

さらにさらに

慎先生の公開授業まで一週間切りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校舎の掲示も公開授業モードに!

ぜひぜひお友達を連れてきてください!!

 

🌸新年度特別招待講習お申し込み受付中🌸

受験に向けて一歩踏み出そう!

お申し込みはこちらから👇👇

慎先生の公開授業まであと6日😲

みんなで受けよう!

お申込みはこちらから👇👇

 

2019年 2月 23日 花粉

おはようございます!

12月1月に比べてかなり暖かくなってきましたね!

もう春が近づいているということです

しかし!

春ということは!

花粉の季節なんですよ!

同士の皆さん頑張って乗り越えましょう。(´;ω;`)

 

ここからが本題ですが、ついに国公立入試の日が近づいてきました!

なんと明後日です!

ここで大体の人の進学先が確定します!

人生最大の大勝負!出せるものはすべて出し切ってきてほしいです!

今日は国公立入試の話ではなく、その後のことについて話したいと思います。

みなさん、すべての試験が終わったら

必ず

この1年間、高校生活3年間を振り返ってください。

どんな日々を送って、何を得て来たのか

これを自身で考えることが大切です。

また、進学先に選んだ大学に後悔がないかしっかり考えてください。

自分のやりたいことが出来るのか、目標に向かって努力できるか、などです。

もちろん、第一志望に合格出来なかった人は100%自分のやりたいことが出来るとは限りません。

しかし、今回の失敗をバネにして努力していけるか、

それをしっかり考えていってください。

これができるかどうかで、今後の大学生活は一転します。

2019年 2月 21日 予備校の必要性

こんにちは、東進ハイスクール土浦校の山田です。

国立前期試験まで残り3日を残すところとなりました。

現役生は、最後の最後まで伸びる。

自分を信じて疑わず、人生最大の苦労を楽しんでください。

苦労を楽しむとはとても無鉄砲な発言かもしれませんが、「人は苦しい時に成長する」といった格言を自分は信じているからです。そうでないと苦しいことはやってられません(笑)。

今回は、「予備校の必要性」に関して、予備校担任助手が語っていこうと思います(笑)。

まず、学校だけで十分に学力を伸ばすことが出来ていて、外部模試で判定がB判定以上常に取れているのなら、予備校に通う必要はありません。と言っておきます。

ここで注意してほしいのは、「外部模試」の結果であるということ。

大学受験で戦うのは、全国の高3と浪人生です。学校内の友達とではありません。

自分の高校の全国での学力位置にもよりますが、学校内での成績の比べあいなど、大学受験挑む受験生の中ではどんぐりの背比べです。

 

さて、それではなぜ予備校に通う必要があるのでしょう?

これには2パターンあると思います。

1、全国の受験生との差をつけるために学校以上の量や質を求めて予備校を検討する。

2、学習の遅れを一気に取り戻すために予備校を検討する。

の以上二つです。それ以外で予備校に通っている生徒に関しては、あくまで個人的な意見ですが、「予備校に通う必要はありません。」

 

順に説明していきます。1番は分かりやすいと思います。学校と言えどその内部での勉強の進度には限界があります。

どうしても個人のために学校全体の進度を早めることは出来ません。そんな勉強生活が退屈に感じる生徒に予備校は必要ですよね。志望校が高い人ほど学校以上のことをやらなければ全国の受験生と戦える力を手に入れることは出来ません。

2つ目も当てはまっている人いるのではないでしょうか?

高校生になって、部活や文化祭を楽しんで、気づいたら受験について考えないといけない、、、。でも今まで勉強のことをなおざりにしていたから、何から勉強したらいいのやら、、、。という人。

これも予備校を活用してほしい。ただし、これには相当の覚悟が必要です。1年や2年かけて勉強するはずの事を半年もしないうちに勉強しなければいけないからです。

 

なぜ、こんなことをブログに書こうと思ったのか、それは予備校に通っている生徒(土浦校だけでなく)の意識があまりにも低すぎると最近感じているからです。

定期試験前になると「定期試験の勉強したいので受講などはいったん置いておきます。」と言われたりします。

なぜ?

本当に分からない。予備校に来る人は学校以上のことをするために来ているのですよね?

これは学校の勉強をするなと言っているのではありません。学校以上に勉強できる量や質が確保できる予備校なのになぜ学校の、しかも勉強の定着度を測る定期試験にそれほど時間をかける必要があるのか?

だいたい、定期試験と言えど他の人と同じことをしていては差など付けられるはずなんてないのに。

自論ではありますが、学校の定期試験なんて、授業聞いて、課題を2回ほどやれば8割くらいは余裕です。学校のこともままならない生徒が予備校なんて来ても成績はすぐに上がりません。

大学受験は近年、合格者数も減らされ続け2年後入試からはセンター試験すらなくなるように、どんどん難しくなっていく一方で、受験生の入試に対する考えは甘いまま。

とても危機感を感じています。私は、このブログ内や校舎に来てくれた生徒に今後も伝えていき、少しでもその生徒から友達にわたり、この土浦の地域が、より自分の将来に向けて真剣に付き合えるよう努力していきます。

 

最後にではありますが、前述した1,2番に当たる生徒に招待講習の案内です。

今以上に求める人、これからすぐに変わりたいと思う人は是非その先駆けとして活用してみてください。

2019年 2月 17日 国公立入試まであと…

こんにちは!

青木です。

さあ!来週の月曜日は国公立試験の日です!

私大志望の人は続々と合格発表も出てきて、もう春休み気分の人も多いのではないでしょうか?

そんななかで、国公立志望の人はとうとう試験日が来たという感じです。

センター試験から早くも1か月が経ち、ここまでたくさんの時間と量を積み上げてきたはずです。

そしてもう残り1週間。

のこった秀自分には何ができるのか、ただひたすら考え、行動してください。

迷っている時間はありません。

覚悟を決めてやれることを精一杯、全力でやるのみです。

努力は必ず報われるとは限りません。

しかし、報われた、すなわち成功した人は必ず努力しています。

どうなるかわからないなら、まずは行動してください。

後のことは後になってから考えましょう。

皆さんが悔いのない1週間を遅れることを願っています。

まじめ

でした。

2019年 2月 16日 勉強が得意になる方法はたった1つのこと。

皆さん。

突然ですが、得意科目と好きな科目を挙げてくださいとアンケート用紙に書かれてあったら何と記入しますか?

多数の方が、得意科目と好きな科目が同じである場合が多いのではないでしょうか。

得意だから好きになる。

得意で問題が沢山解けて、友達に質問されてもドヤ顔で対応できていたら好きにもなりますよね。

 

しかし、ここで好きだから得意になるかどうか考えて見ましょう。

数学1・Aの集合と命題という範囲で似たようなもの見たことありますよね?

 

命題1:ある科目が得意であれば、好きになる。が真であるならば、その逆の命題2、命題2:ある科目が好きならば、得意になる。の真偽を判定せよ。

 

皆さんの答えは、真ですか?それとも偽ですか?

 

自分の答えは偽なりました。

その命題が偽である場合は、反例が一つでも存在する状態です。

 

今回の命題の場合、ある科目が好きであっても、必ずしも全員が得意になる保証がないことや、人それぞれ得意のラインが違ってくることで得意のラインを超えることが出来ない。などが反例としてあげられるのではないでしょうか?なので、自分はこの命題は偽であるとみなしました。

しかし、偽であってもこの命題を満たす条件(反例ではない条件)はあります。

 

好きであればその科目の色々なことに興味を持ちます。知らないことが多くて気になって、調べて、もっと知りたくなって、その科目についてもっと知りたくなって大学で専攻していくわけです。大学で専攻するとなると、高校の知識なんて薄っぺらく基本的なことばかりに過ぎないと思っている頃でしょうし、あたりまえに近い感覚です。

このように今後、将来的に高校の範囲なんて簡単だと思えるくらい得意になれるのならば、努力すれば今からでもなれるはずです。

好きになることを、得意の入り口にして、勉強を続けていけば何事も得意に成れます。

 

最初から得意に成ろうとするのではなく一歩一歩段階を踏むことで挫折などもしにくくなります。高校生はみんな平等に、3年間です。3年と言われると長いと思うのならば、言い換えましょう。26,280時間です。一日に6時間寝るとしたら、起きている時間は26,280-6,570=19,710時間です。

これから高2生の人は、一年が終わったので残り13,140時間。

また、新高3生はその半分の、6,570時間です。

 

なんか時間が無い気がしませんか??

 

すぐがむしゃらに勉強を始めるのではなく、その科目に興味を持ったりできるような分野から手を付けるなどして、好きになれるようなやり方もアリだということが伝わっていれば幸いです。