GW最終日! | 東進ハイスクール土浦校|茨城県

ブログ

2019年 5月 6日 GW最終日!

長かった連休もついに最終日になりましたね・・・

明日からまた早起きの生活が始まると思うと

しんどさを感じています、加藤です😔

まあ今日から大学始まってる人もいるみたいですが

茨大は休みっていう幸運に恵まれて

ブログを書いているところです(笑)

 

さてさて

皆さん、GWどんな風に過ごしましたか??

受験生は勿論勉強と答えてほしいのですが

(てか勉強しててほしいんですけど)

学校の課外や部活だった~って人が多いかもしれませんが、

中には気分転換に出かけた人もいるかもしれませんね!

私は旅行とかには行かなかったのですが

遠出は何回かしました!

今日はその思い出話をしようと思います

(ちゃんと勉強に関係あるよ!(笑))

 

先日、東京の神田にある古書店街に大学の友達と行ってきました!

古書とは何ぞやって感じかもしれませんが

古書っていうのは古い本(そのまますぎ)で

発行された年が昭和前期や大正、明治、江戸までさかのぼる

本の事を指します。

ほんとに古くて黄ばんだりしている貴重な本ばかり

売っている本屋さんが立ち並んでいるのが古書店街です。

それの何に魅力を感じるのか・・・

やはり何人もの手に渡り、長きにわたる時代を超えて

今も本として残り続けているところ

ロマンを感じるんです😌

私は太宰治が好きなので、

太宰に関する本を中心に探して二冊購入しました!

その中の一冊がこちら

「愛は死と共に」という本です

題名だけ聞くとなんか怖い感じすると思うのですが(笑)

この本は太宰じゃなくて、太宰の愛人が記していた日記を

書籍化したものだそうです。

出版が昭和20年代で、絶版(もう発行されていない本)

になっている貴重な本です

何故この本かというと

太宰を愛人目線で見たらどんな人物なのか

知ってみたかったからです

太宰という人間の本質に迫れば

作品の読み方も変わってくるのかなと思い

3000円くらいで購入しました

(あとでアマゾン見たら7000円くらいで売ってましたよ!)

恐れ多くてまだ読めてないんですけど

大切に読んでいきたいと思っています

 

すごくマニアックな話をしてしまいましたが(笑)

結局何が言いたいのかというと

大学生になると好きなことに夢中になれるよ!

ってことです。

行動範囲も使えるお金の範囲もぐんと広がり

自分と同じものが好きな友達に出会えて

視野がどんどん広くなっていきます!

好きなこと、好きなものに夢中になれる日々を

思い浮かべながら

受験勉強頑張っていきましょうね🙋

 

 

 

 

 

過去の記事